貸切バス担当者ブログ

【合宿Q&A】2日目バスは使わないけど、留め置いたほうが安いの?

  • 2016年05月18日
  • 投稿:広報部
  • カテゴリー:Q&A

夏も近付き、【研修】【合宿】【試合】などでのご利用のご予約が増えてまいりました(^o^)3日間でのご利用のお客様も多いのではないでしょうか?
そうそう。【合宿】のご利用で1番多い行程が以下の3日間。
1日目 出発地⇒合宿先
2日目 利用なし
3日目 合宿先⇒出発地

●この場合、バスは留め置くほうが安いのでしょうか?
1日ごとに車庫に戻ったほうが安いのでしょうか?
テニス 合宿 貸切バス

基本のバス料金の仕組み

1日毎に送迎する場合

1日目合宿先へお送りした後、バスは車庫に戻ります。
車庫に戻る際の高速代(回送代と呼びます)もお客様のご負担となりますので
有料道路代は2往復分かかる形となります。

▶貸切バス代(燃料代含む)+有料高速代+回送代

3日間留め置く場合

合宿先にバス・乗務員もお客様同様泊まる形となるので有料道路代は実車走行のみ(1往復分)ですが
その分乗務員の宿泊代がかかります!1泊10,000円前後くらいで手配出来る宿が多いです。
また駐車場代がかかる場合もお客様のご負担です。

▶貸切バス代(燃料代含む)+有料高速代+駐車場代+乗務員宿泊代

モデルプランを見てみよう!

プラン1.北千住(東京)⇔嬬恋村(群馬) 片道約240km

●行程(大型バス・50名様)
7/18 北千住8:00⇒嬬恋村(直行)
7/19 利用なし
7/20 嬬恋村15:00⇒北千住(直帰)

●1日ごとに送迎する場合(回送)
貸切バス本体代(往路)約125,000円
有料道路代(往路)15,300円
回送有料代(往路)15,300円
貸切バス本体代(復路)約125,000円
有料道路代(復路)15,300円
回送有料代(復路)15,300円
─────────
合計 311,200円

●3日間留め置く場合
貸切バス本体代 約235,000円
有料道路代(往路)15,300円
有料道路代(復路)15,300円
乗務員宿泊代 約10,000円×2泊
─────────
合計 285,600円

⇒留置のほうが安い!

プラン2.杉並区(東京)⇔岳温泉(福島) 片道約280km

25名様 中型1台 合宿利用

●行程
7/29 杉並区7:00⇒岳温泉(直行)
7/30 利用なし
7/31 岳温泉10:00⇒杉並区(直帰)

●1日ごとに送迎する場合(回送)
貸切バス本体代(往路)約125,000円
有料道路代(往路)11,230円
回送有料代(往路)11,230円
貸切バス本体代(復路)約125,000円
有料道路代(復路)11,230円
回送有料代(復路)11,230円
─────────
合計 294,920円

●3日間留め置く場合
貸切バス本体代(3日間)約235,000円
有料道路代(往路)11,230円
有料道路代(復路)11,230円
乗務員宿泊代 約10,000円×2泊
─────────
合計 277,460円

⇒留置のほうが安い!

もちろんレアケースもあります!

簡単に言ってしまうと回送代がかかるのか
乗務員宿泊代&駐車場代の違いとなるわけですが
本体代ももちろん変わってきますし、回送するほうが安くなるケースもあります。
またご利用が4日間以上となると留置せずに「回送してほしい」というバス会社も少なくありません。
(その間、バスはお仕事できなくなるわけですからね・・・)

いずれにしてもご検討いただいている場合は一度【無料見積り】をおすすめしております。
このシーズンになると2~3ヶ月先は既に満車・・・という週末もあります。

★無料見積り★

ご予約いただいたお客様で【万が一】キャンセルとなってしまった場合は
16日前までのご連絡でしたらキャンセル料金無料です。

まずは見積もり、まずはご予約!
何事も早いことに越したことはありません^^

貸切バス王国は日帰りや宿泊をともなう、社員旅行や団体旅行に欠かせない貸切バスのスペシャリストです。 東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・山梨の発着をはじめ、全国さまざまな目的に貸切バス旅行をプロデュースいたします。+αのご提案もお任せください。

TEL: 042-482-0050 フリーダイヤル: 0120-18-0592 メールフォームお問合せ LINE@bus555